2012/11/28

久保田カヨ子先生の教育法

 

0歳からの教育といったら、この人の名前がすぐ出てきますね♪

テレビでもとりあげられた方でもあるし、有名です。

 

カヨ子さんが言うには、

「子どもはみんな天才であり、それを天才じゃなくしていしまうのは親次第。

脳の発達が最も著しい1歳までが天才児教育に最適であり、そこで、一生

の脳の働きが決まる」ということです。

子供のためにもママたち親ができることをしてあげたいですね!!

カヨ子先生の言われることは本当に家でできることばかりです。

知っているか知らないかだけなので、是非実行したいものです♪

 

0歳育児教育法7ヶ条

 

 

【送料無料】赤ちゃんの脳を育む本 [ 久保田競 ]

【送料無料】赤ちゃんの脳を育む本 [ 久保田競 ]
価格:1,365円(税込、送料別)

夫の久保田競氏の著書「赤ちゃんの脳を育む本」の解説を交えながら、ご紹介します。

 

1.オムツを替える時は必ず声をかける

「おむつを替えて気持ち良くなったね」と気分のいいことを表わす言葉は

何度も繰り返してあげましょう。話す技術がないだけで、言葉を話す脳の

機能はすでに働いています。

たとえ、言葉の意味はわからなくても、母親の声の調子や表情で、それが

どんな意味を持っているのかを神経回路は理解しているので、赤ちゃんの

表情も豊かになってきます。

 

2.「いない いない ばあ」は1日に5回以上やる

赤ちゃんの知的な発達を促す遊びとして重要な意味を持っています。

何かに視線を集中し、物事を期待して待つという行動は前頭連合野の

訓練に最も適しているということです。

 

 

3.子供の服はカラフルなものを着せる

赤ちゃんが最初に認識できるのは赤、青、黄の三原色です。次に黒、白、

いろいろと複雑な色が区別できるようになってきます。多くの色を見せること

が重要です。

 

4.なるべくおんぶする

運動能力に不可欠な平衡感覚を養うのに有効です。おんぶをされることが、

成長後の運動能力に影響を与えます。

 

5.幼児語を使わない

赤ちゃん言葉を覚えることは赤ちゃんの脳の無駄遣い。正しい言葉を覚え

直さなければならないので、最初から正しい言葉で話しかけることが言語力

を高める秘訣です。

 

6.箸や鉛筆などはいきなり持たず、まず正しく使っているのを何度も見せる

ミラーニューロンシステムを鍛えることになります。ミラーニューロンシステムとは、動作、駆動を見て、理解して、真似をするシステムで、真似をすることは創造性の発達を促し、前頭連合野の発達につながっていきます。

 

 

7.どっちが好き?と、質問する

人生はどちらを選ぶかということの連続で、決断は前頭連合野の最も重要

な働きのひとつと言われています。


コメントを行う